So-net無料ブログ作成

8月3日のお出かけ記 その1 [日々のあれこれ&つぶやき]

こんばんは、gonanaです。
いやあ、ほんとにめっちゃ暑いですね~
そんな中の昨日、私の会社の同僚、さらにお互いのガイドヘルパーさんを加えた4人でちょいとお出かけしてきました。

昨日の朝10時半にJR武蔵野線船橋法典駅の改札でその同僚とヘルパーさんと待ち合わせし、まず向かったのは、駅から歩いてすぐのところにあるうどん屋さん「讃岐饂飩 まるは」(さぬきうどん まるは)。
今回同行の同僚が、以前BSの競馬中継内の競馬場周辺グルメの紹介コーナーで、この店が紹介されているのを見て、一度行きたかった店だそうです。
お店に到着した時はまだ開店まで30分近くあったため、店の外でしばらく待機し、11時に入店しました。
暑い店外でしばらく待ったので、冷房の効いた店内にホッとしつつ、各自注文の品を選びます。
メニューは「温」かけ、かまたま、つけ、カレーの4種、「冷」ぶっかけ、しょうゆ、ざるの3種に季節限定メニューが加わります。さらにおでんやおつまみなどもあり、夜は居酒屋としての側面もあるようです。
私は「冷やしグリーンカレーつけ麺」を注文しました。「夏季限定」の言葉と「グリーンカレーつけ麺」という初めて味わう組み合わせに惹かれてこれに即決でした。
やがて注文したつけ麺が到着。うどん400g(中盛り)と大きくカットされた鶏肉と夏野菜がたっぷり入ったグリーンカレーのつけ汁、それに半ライスがセットになっています。
早速うどんをつけ汁につけていただきます。麺は太くてコシがかなりあり、食べ応えがあります。つけ汁は「グリーンカレー」だけあって普通のカレーうどんのつゆと比べて辛く、後を引きます。
麺を食べ終わったら、ライスをつけ汁に投入してカレーライス状態にして引き続き楽しめます。麺もご飯もつけ汁も完食した時には、冷房の効いた店内にもかかわらずうっすら汗をかくほどでしたが、量的にもちょうどよく、麺はもちろんつけ汁の中の鶏肉や野菜も大きく食べ応えがあり、大満足の一品でした。
先ほども書いたように、このお店では今回いただいた「冷やしグリーンカレーつけ麺」以外にもいろいろなメニューがあります。特に、フランクフルトほどの太さがあるという一本丸ごとのちくわ天は名物のようです。同僚ともぜひ再訪したいと話が盛り上がったので、その際はそういったメニューもぜひ味わいたいものです。

「讃岐饂飩 まるは」での食事を終え、船橋法典駅に戻った後、武蔵野線で新松戸へ移動します。
新松戸駅からは、歩いてすぐの所にある流鉄流山線幸谷(こうや)駅に移動し、流山駅まで往復してきましたが、そのあたりについてはまた次回です。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理