So-net無料ブログ作成

レインボーブリッジを眺めて [いろんな思い出]

こんばんは、gonanaです。

本日のお題:好きな絶景スポット

私が大学を卒業し、新卒で入社した会社の本社は、東京都港区の竹芝というところにありました。
この竹芝は、伊豆諸島へのフェリーや高速船、夏の東京湾納涼船などが発着する竹芝桟橋のあるところです。
私は、竹芝桟橋の存在はもちろん知ってはいたものの、正直この会社への就職活動で初めて訪れるまで、竹芝桟橋の周辺がどんなところかのイメージが湧きませんでした。
実際にJRでの竹芝桟橋への最寄り駅でもある浜松町駅を出て海の方へ歩いていくと、25年ほど前はまだそれほど大きな再開発は行われておらず、同じエリアでも世界貿易センタービルや地下鉄大門駅の周辺と比べ、飲食店もほとんどなく静かな印象でした。
しかし、竹芝桟橋のすぐ近くになると急に高層ビルや新交通ゆりかもめの高架が現れ、未来的な光景が広がるようになります。
そしてその時見えた高層ビルに入居している会社に、私が就職したというわけです。
入社してから会社の先輩に話を聞くと、竹芝桟橋付近はバブル期に東京湾岸や臨海副都心の開発が脚光を浴び、「東京ベイエリア」などと呼ばれるようになった頃に再開発されたようで、私の入社した会社も入るビルと1階に竹芝桟橋の旅客ターミナルを組み込んだもう一つのビルトのツインビル構造の再開発ビルも、その一環でできたようです。
その2つのビルの間には、それぞれのビルを結ぶペデストリアンデッキと、海側に公園のようなスペースが設けられています。ここには目の前の東京湾やお台場へとつながるレインボーブリッジ、そしてそのお台場に建つフジテレビの局舎などを眺めることのできるベンチが多数設けられています。
こういった絶景スポットだからか、公園内で海をバックにしてモデルさん(?)がグラビアや映像の撮影をしている場面に遭遇したことは何度もありましたし、私には全く縁はありませんでしたがデートスポットとしても人気のスポットのようです。
私は、ここを会社の昼休みに、ほぼ毎日訪れていました。会社のデスクで昼食を食べるより、オープンエアで居心地の良い空間だということもありますが、やはり景色のよさは最高でした。ここで食べるのは主に近くのコンビニで買った弁当やパンでしたが、やはりいい景色の中で食べると何となくおいしく感じられたものです。
時にはビジネスバッグにオペラグラスを忍ばせて出勤し、昼食時にそれを持って公園へ行くなどということをしたこともあります。
結局、新卒で入社したこの会社はいろいろと思うところもあって7年ほどで退社したため、東京湾やレインボーブリッジなどの景観を身近なものに感じる日々は終わりましたが、今もあの頃感じた海風のさわやかさと景色の美しさはよい思い出になっています。
退社してから竹芝桟橋のあたりに行くこともほとんどなくなり、今の状況がどうなっているのかはわかりません。あの頃私が毎日通勤で利用していた浜松町駅の周辺も、ここ15年くらいの間に大規模な再開発が行われ、街並みも大きく変わったはずです。
今の私はあの絶景を再び目にすることはもうかないませんが、暑さが一段落したらまたあの公園へ久しぶりに行ってみたいと思っています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域